MENU-メニュー
  1. ホーム
  2. 健診・健康づくり
  3. データヘルス計画

データヘルス計画

医療費や健診データの分析に基づく健康事業の計画策定と実施が、すべての健保組合に義務付けられました。
当組合では、従来より事業主の方々と連携して保健事業を推進してきましたが、いっそうのデータ活用・連携強化により組合員のみなさまの健康維持・増進をすすめていきます。

第1期(2015~2017年度)データヘルス計画書

第2期(2018~2023年度)データヘルス計画書


(事業主様の取組:健康経営
 

重点取組疾病と保健事業

第2期(平成30(2018)~2023年度)データヘルス計画

【第1期からの継続事業】

生活習慣病 人間ドック等の健診による、がんや糖尿病・高血圧など病気の重症化予防を目指します。
健診の結果、生活習慣病になるリスクが高いと判断された方へは保健指導を実施します。
呼吸器 1歳~小学3年生までのお子さまのつよい子になるぞ!!キャンペーンによる、手洗い・歯みがき習慣の定着化を目指し、かぜ予防・虫歯予防につなげます。(2019年3月をもって廃止)
歯科 無料歯科健診による、歯周病・虫歯の早期発見・早期治療を目指します。

【第2期追加事業】

保健指導 従来のプログラムに加え、健保独自のプログラム(アプリ・スポーツクラブ等)を導入します。

ページの先頭へ