トヨタ販売連合健康保険組合

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大きく
  • 最大
MENU-メニュー
  1. ホーム
  2. 健保のしくみ
  3. 家族の加入について

家族の加入について

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいます。被扶養者として認定されるためには、「家族の範囲」と「収入」について一定の条件を満たしている必要があります。

  • 被扶養者となるためには、健保組合の認定を受けなければなりません。
  • 被扶養者の異動があった場合は、5日以内に届出をしてください。


家族の範囲

被扶養者となれる家族の範囲は、3親等内の親族と決められています。さらに、同居・別居により、条件が異なります。

家族の範囲


被扶養者とは(扶養の範囲)

被扶養者とは、被保険者に扶養されている人たち、つまり主にあなたの収入で生活している人のことです。具体的には以下の条件を満たしている人のことです。

当組合の認定条件

  1. 3親等内の親族で、本人と同居していること。上図参照。 (ただし配偶者・子・孫・本人の父母・祖父母・曾祖父母・兄姉弟妹は別居でも可)
  2. 申請者の年収は130万円未満であること。ただし60歳以上または障害年金の受給者は、180万円未満であること。
  3. 申請者の年収は被保険者の年収の半分未満であること。
  4. 申請者は主として被保険者により、生計を維持されていること。
同居している場合 別居している場合
  • 原則として申請者の収入が被保険者の扶養する世帯1人当たり生計費の半分以下となること。
  • 申請者の年収以上に仕送りしていること。
  • 仕送りが可能であること。(原則として申請者の収入が被保険者の扶養する世帯1人当たり生計費の半分以下になること)
  • 継続的に仕送りしていることの証明(銀行の振り込み証明書など)があること。(月1回を3ヵ月分(3回分)以上。手渡しは不可)


被扶養者の異動(変更)があったら

結婚や出産などにより被扶養者が増えたときや、就職や別居、死亡などで、それまでに被扶養者に認定されていた家族が、その認定基準を満たさなくなった場合は、手続きが必要です。
被扶養者である必要がなくなった方が、そのまま扶養家族として残っていると、多額の納付金等を国に納めなければならない現状があります。
上記の扶養の条件を満たさなくなった場合には、速やかに当組合に届出てください。

なお、当組合では毎年、被扶養者の資格を確認するための検認を行っています。

ページの先頭へ