トヨタ販売連合健康保険組合

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大きく
  • 最大
MENU-メニュー

特定保健指導

これまでの健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としていました。

特定健診・特定保健指導では、内臓脂肪型肥満に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を減少させること(病気の予防)を目的としています。 生活習慣病は自覚症状がないまま進行するため、健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会と位置づけ、行動変容につながる保健指導を行います。

第2期特定健康診査等実施計画

  • 特定保健指導の対象となった方には、健康的な生活に自ら改善できるよう、さまざまな働きかけやアドバイスを行います。

特定保健指導

平成20年度から健保組合に特定保健指導の実施が義務付けられました。

みなさまが毎年受診される健診の結果をもとに、生活習慣病にかかるリスクをお持ちの方に6ヵ月間の特定保健指導(生活習慣改善プログラム)を受けていただきます。

対象者

40歳以上の被保険者および被扶養者でメタボリックシンドロームに該当された方・予備群の方。

支援レベルの決定方法(階層化の方法)

毎年の健診結果で対象者を選定します。

STEP.1 腹囲とBMIで内臓脂肪蓄積のリスクを判定

(1)腹囲 男性:85cm以上・女性:90cm以上
(2)腹囲・BMI 男性:85cm未満・女性:90cm未満 かつ BMI:25以上

STEP.2 検査結果・問診からメタボリックシンドロームに関わるリスク数をカウント

①血糖 a. 空腹時血糖:100mg/dL以上
b. 空腹時血糖がない場合、HbA1c(NGSP):5.6%以上
②脂質 a. 中性脂肪:150mg/dL以上 または
b. HDLコレステロール:40mg/dL未満
③血圧 a. 収縮期血圧:130mmHg以上 または
b. 拡張期血圧:85mmHg以上
④喫煙 ①~③にひとつでも該当する場合は、喫煙歴もリスクとしてカウント

STEP.3 STEP1・2から支援レベルを判定

〈受診勧奨領域〉基準値

①血糖 空腹時血糖:126mg/dL 以上 HbA1c(NGSP):6.5% 以上
②脂質 中性脂肪:300mg/dL 以上 HDLコレステロール:34mg/dL 以下
③血圧 最高血圧:140mmHg 以上 最低血圧:90mmHg 以上

生活習慣改善プログラムの内容

保健師などの専門家があなたの状況に合わせたプランを一緒に考えてくれます。
特別な食事制限や減量をするのではなく、例えばいつも食べている昼食の一品をカロリーの少ないものに変えてみたり、通勤で歩く速度を速めてみたりするなど、身近なところから少しずつ変えていきましょう。肩の力を抜いてリラックスしてご参加ください。

積極的支援レベル・動機付け支援レベル

メタボリックシンドロームのリスクが高い方には、初回面接で行動目標を立て、改善に向けて取り組んでいただきます。取り組み期間中は電話・メール・面接などのサポートが行われます。(積極的支援レベルの場合、約1ヵ月ごとにサポート)6ヵ月後に健康状態や生活習慣の確認が行われます。

《プログラムの流れ》

  1. 初回面接(30~40分)…専門家のアドバイスを受け、計画を立てる
  2. 実行…電話やメールなどで、専門スタッフが応援します
  3. 評価(6ヵ月後)…現在の状態を確認します
  • ※プログラムは6ヵ月で終了しますが、検査値の改善度は次年度の健診結果で評価しますので、次の健診まで気を抜かないで取り組みを続けてくださいね。

対象者への通知方法

被保険者

会社経由でご案内します。
保健指導は委託先の指導専門機関のスタッフが行います。

【委託先】

  • 明治安田システムテクノロジー㈱(関東・関西地区)
  • ヘルスケア・コミッティー㈱(関東地区)
  • ㈱グッドライフデザイン(中部地区)
  • ㈱ホームナース(全国)
  • ㈱ベネフィットワン・ヘルスケア(全国)

その他、会社の契約する産業医、近隣の医療機関など

被扶養者・任意継続被保険者

人間ドック等の健診を受診した医療機関または当組合より通知します。

原則、医療機関にて保健指導を行いますが、保健指導に対応していない医療機関で健診を受診した方は、ご自宅に専門スタッフがお伺いして初回面接を実施させていただきます。

(自宅訪問型の保健指導委託先 ㈱ホームナース)

費用

プログラム費用は当組合が全額負担しますので、受ける方のご負担はありません。

ページの先頭へ